パタンナー

パタンナー

上質で着心地の良い服作りを追求する、アバンのこだわり

パタンナーの仕事とは

パタンナーは「上質で着心地の良い服作り」を心掛け日々業務に励んでいます。
仕事内容は多岐に渡りますので順を追って説明させていただきます。

【1】企画書を基に打ち合わせ

デザイナーが作成した企画書を基に打ち合わせをして、素材とデザインのマッチング、縫製で美しく仕上がるかどうかを検証しながらパターンの作成及びトワルを組んでいきます。

アバン流こだわり

仕様研究、素材検証を徹底しています。例えば、実際にミシンで部分縫いを作成し縫製検証をします。
そうすることにより、製品が出来上がった時に素材を最大限に活かすことが出来ます。

パタンナー2
矢印
【2】トワルチェック

トワルや素材縫製したものを着用して、デザイナーとチェック。

パタンナー3
矢印
【3】サンプルパターン作成 
アバン流こだわり

独自のボディに合わせたパターン理論と新しいターゲットに向けたパターンが混在し、それぞれの技術を駆使してパターンを作成します。

パタンナー4
矢印
【4】サンプルチェック

実際にモデルに着用してもらい全体のバランス等、デザイナーの思いが表現出来ているかチェックする。

パタンナー5
矢印
【5】量産パターン作成 

受注いただいた製品の量産パターンを作成します。

アバン流こだわり

量産パターンを作成する前にレギュラーサイズ、プラスサイズのサンプルを作成し、量産投入する前に細かい修正を加えていきます。時には何着もサンプルを作成し、企画、資材、生産と連携して、納得がいくまでものづくりを追究します。

パタンナー6

PAGE TOP